WORK

文字列を分割するやり方とその注意点【Excel PowerQuery】

この記事は...

Excel PowerQueryで文字列の分割をするやり方を知りたいな…

こんな疑問を解決する記事です。

  • 本記事の内容

【Excel PowerQuery】で

・文字列を分割するやり方
・分割する方法の2種類の違い

を解説してきます。

  • 本記事の信頼性

会社でExcelを使って

・PL(損益計算書)
・毎日の売上げを集計

などを行っております。

私自身の「Excelで困った、つまずいたところ」の解決方法を記事にしております。

それでは、始めます。最後まで読んで頂けると幸いです。

文字列を分割するやり方とその注意点

Excel PowerQueryで文字列を分割するやり方は以下の手順です。

  • 文字列を分割する手順

手順①:分割したい文字列の「列」を選択する。
手順②:ツールバーの「変換」から「抽出」をクリック。
手順③:区切り記号などの条件を設定する。

上記のやり方がPowerQueryを使って文字列を分割する方法です。

では、実際のやり方を詳しく見ていきましょう。

今回、使用するデータサンプルは「政府統計の総合窓口」の青果物卸売市場調査を利用しています。

※誰でも無料でダウンロードできます。

手順①: 分割したい文字列の「列」を選択する

今回は「日付」の文字列を分割してみます。

日付の「列のヘッダー」をクリックして、列が全部選択されるのを確認しましょう。

手順②: ツールバーの「変換」から「抽出」をクリック

列を選択した状態(日付の部分がみどり色になった状態)で、ツールバーの「変換」→「抽出」をクリックします。

手順③: 区切り記号などの条件を設定する

ここでは、抽出する条件設定をします。

日付の年「2022」と月「2」の間に「/」斜線があるので、「区切り記号」として選択します。

分割したい位置に区切り記号があれば選択しましょう。
スペース、カンマなども利用できます。

条件設定をしたら「OK」をクリックします。

そうすると、「2022/2」だけに分割されました。日の「01」部分は削除されています。

ちなみに、元の日付は「2022/02/01」です。

以上が文字列を分割するやり方でした。ここからはもう一つの文字列の分割のやり方を紹介します。

「文字列を残す」分割のやり方

ここでは、「元の文字列を残すやり方」を解説していきます。

分割した文字列を残したいときに便利です。

ツールバーの「列の追加」→「抽出」でも文字列の分割ができます。こちらで分割をすると元の文字列を消さないで分割することができます

分割された文字列は一番最後の列に表示されます。

分割する前の文字列はそのままになっています。

こんな使い方が便利!

必要な部分だけの文字を抽出できるのが便利です。

例えば…
「〇〇〇株式会社 本社」 以外は不要としている場合は、「抽出」がとても便利です。 

ツールバーの「変換」→「抽出」を実施すると必要な部分だけ残すことができます。

さいごに

今回は、Excel PowerQueryで文字列を分割するやり方を解説してきました。

この記事のまとめです。

  • 文字列を分割する手順

手順①:分割したい文字列の「列」を選択する。
手順②:ツールバーの「変換」から「抽出」をクリック。
手順③:区切り記号などの条件を設定する。

疑問や不安が解消されましたでしょうか?今回は以上です。最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

Excelを自宅のパソコンでも使ってみたいと思っている方は、こちらの記事が参考になります。

オススメ!


Excelパワークエリの書籍は少ないですが、操作方法、実践的なやり方を学習したい方はこちらの書籍がオススメです。


オススメ! 【欧州サッカー観るならどれ?】DAZN,スカパー!,WOWOWの放送,価格を徹底比較!
オススメ! 【お得すぎて神】Amazonプライムのメリット【15選】をやさしく解説
PICK UP!! 【最強思考エンジン】が無料で使える【将棋GUI】のダウンロード方法と使い方

 

 

-WORK