WORK

重複するデータを削除するやり方【Excel PowerQuery】

2022年5月4日

この記事は...

【Excel PowerQuery】で重複するデータの削除するやり方を知りたい…

こんな疑問を解決する記事です。

  • 本記事の内容

【Excel PowerQuery】で

・重複するデータを削除する方法
・重複するデータのチェックする方法

の2つを解説していきます。

  • 本記事の信頼性

会社でExcelを使って

・PL(損益計算書)
・毎日の売上げを集計

などを行っております。

私自身の「Excelで困った、つまずいたところ」の解決方法を記事にしております。

それでは、始めます。最後まで読んで頂けると幸いです。

重複するデータを削除するやり方

Excel PowerQueryで重複するデータの削除する方法は以下の手順です。

  • 重複するデータの削除する手順

手順①: 削除したい「列」を選択する。
手順②: 選択後に右クリックして「重複の削除」を選択。

上記のやり方がPowerQueryを使って重複するデータを削除する方法です。

実際には、「どれだけの行数が削除されたか?」知りたいですよね。ここからは実践的なやり方を紹介します。

① 行数がどれだけあるか?確認する

ツールバーの「変換」→「行数のカウント」をクリックすると、行数が表示されます。

このファイルには「205」個の行数があることがわかります。

行数のカウントをしたら、「適用したステップ」に追加されてしまうので、×をクリックして「カウントされた行」をステップごと削除してしまいましょう。

② 削除したい列を選択する

重複する不要な「行」を削除するために、「列」を全部選択します。

列を全部選択するには「Shift」を押しながら「列」をクリックしていきます。

その後、右クリックをして「重複の削除」をクリックします。

これで、重複するデータを削除が完了しました。

③ 削除された行数をチェックする

ツールバーの「変換」→「行数のカウント」をクリックすると、行数が表示されます。

削除する前は「205」でしたが、削除した後は「189」です。

「16」行が削除されたことがわかりますね。

以上が、重複するデータの削除するやり方でした。

さいごに

今回は、Excel PowerQueryで重複するデータを削除するやり方を解説してきました。

この記事のまとめです。

  • 重複するデータを削除するやり方
  • 行数がどれだけあるか?確認する。
  • 削除したい列を選択する。
  • 削除された行数をチェックする。

疑問や不安が解消されましたでしょうか?今回は以上です。最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

Excelを自宅のパソコンでも使ってみたいと思っている方は、こちらの記事が参考になります。

オススメ!


Excelパワークエリの書籍は少ないですが、操作方法、実践的なやり方を学習したい方はこちらの書籍がオススメです。


オススメ! 【欧州サッカー観るならどれ?】DAZN,スカパー!,WOWOWの放送,価格を徹底比較!
オススメ! 【お得すぎて神】Amazonプライムのメリット【15選】をやさしく解説
PICK UP!! 【最強思考エンジン】が無料で使える【将棋GUI】のダウンロード方法と使い方

 

 

-WORK