Excel

ファイルを結合するやり方【Excel PowerQuery】

この記事は...

Excel PowerQueryでファイルを結合するやり方を知りたい…

こんな疑問を解決する記事です。

  • 本記事の内容

【Excel PowerQuery】で

ファイルを結合するやり方

を解説してきます。

  • 本記事の信頼性

会社でExcelを使って

・PL(損益計算書)
・毎日の売上げを集計

などを行っております。

私自身の「Excelで困った、つまずいたところ」の解決方法を記事にしております。

それでは、始めます。最後まで読んで頂けると幸いです。

ファイルを結合するやり方

Excel PowerQueryでファイルを結合するやり方は以下の手順です。

  • ファイルを結合する手順

手順①: 結合するファイルを取り込む。
手順②: ファイルを結合する。
手順③: データをクリーニングして、データを追加する。

上記のやり方がPowerQueryを使ってファイルを結合する方法です。

では、実際のやり方を詳しく見ていきましょう。

今回、使用するデータサンプルは「政府統計の総合窓口」の青果物卸売市場調査を利用しています。

※誰でも無料でダウンロードできます。

手順①: 結合するファイルを取り込む

ファイルを結合する場合、ヘッダーを基準にして結合されていきます。なので、ヘッダー名が無かったするとエラー値になるので、事前に確認しておきましょう。

今回は、日付が違うファイルを3つ取り込んでいきます。

結合したいファイルをPowerQueryに取り込んできます。

リボンの「データ」→「データの取得」→「ファイルから」→「フォルダから」の順に選択していきます。

取り込みたいファイルが入っているフォルダーを選択します。

PowerQueryエディターが起動して、以下のような表示がされます。

フォルダに入っているファイル名が表示されます。

「データの変換」をクリックして、データを取り込んでいきます。

ここでは、「結合」をクリックしたくなりますが、「データの変換」をクリックして、データを取り込みましょう。

手順②: ファイルを結合する

取り込むファイルの詳細が表示されます。

「Content」以外は不要な列になるので、削除していきます。

「Content」を選択した状態で、右クリックをします。

「他の列の削除」を選択します。

不要な列を削除するときは、「他の列の削除」を使いましょう。この操作をすることで、他のファイルに違ったものがあっても、「Content」だけ残ってくれます。

「Content」以外が削除されたら、下図の部分をクリックしてファイルを取り込んでいきます。

実際に取り込む結果の「プレビュー」が表示されます。

「OK」をクリックすると、ファイルが取り込まれます。

「2月1日」と「2月4日」のファイルが結合されているのがわかります。

手順③: データをクリーニングして、データを追加する

ここからは、さらに追加でファイルを結合させる方法を紹介します。

まずは、取り込んだファイルのデータをお好みでデータクリーニングしておきます。

「2月1日」、「2月4日」、「2月5日」と3つのデータが結合されている状態です。

ここからは、さらに「2月8日」、「2月9日」、「2月10日」の3つを追加していきます。

やり方はとても簡単で、「フォルダ」に追加したファイルを入れるだけです。

ファイルをドラックして移動させて、フォルダにファイルが入っていることを確認しておきましょう。

ピボットテーブルを選択した状態で、リボンから「すべて更新」をクリックします。

ピボットテーブルに新たなファイル3つが結合されたことがわかります。

PowerQueryはデータをフォルダに入れるだけで、結合されるので、とても便利ですね!

さいごに

今回は、Excel PowerQueryでファイルを結合するやり方を解説してきました。

この記事のまとめです。

  • ファイルを結合する手順

手順①: 結合するファイルを取り込む。
手順②: ファイルを結合する。
手順③: データをクリーニングして、データを追加する。

疑問や不安が解消されましたでしょうか?今回は以上です。最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

Excelを自宅のパソコンでも使ってみたいと思っている方は、こちらの記事が参考になります。

オススメ!


Excelパワークエリの書籍は少ないですが、操作方法、実践的なやり方を学習したい方はこちらの書籍がオススメです。


Excelの購入方法や困ったときの対処法

 Excelの比較、セットアップのやり方

【決定的な違い3選】 ExcelとWPS Spreadsheetsの違いをやさしく解説!
【簡単!】ExcelをAmazonで購入・ダウンロードするやり方をやさしく解説

 Excelの初期設定、使い方

PowerQueryエディターで設定しておきたい3つの項目【Excel PowerQuery】

 Excel【PowerQuery】困ったときの対処法

重複するデータを削除するやり方【Excel PowerQuery】
フォルダにファイルを入れるだけで自動化するやり方【Excel PowerQuery】
文字列を分割するやり方とその注意点【Excel PowerQuery】
データソースでエラーが出るときの対処法【Excel PowerQuery】
ヘッダーの文字をステップ無しで変更するやり方【Excel PowerQuery】
先頭に「0」が付く文字列の対処法【Excel PowerQuery】
「データをクエリとして取り込む」やり方を解説【Excel PowerQuery】
ステップを後から挿入するやり方【Excel PowerQuery】
文字列を抽出するやり方【Excel PowerQuery】
ファイル名をデータにするやり方【Excel PowerQuery】
列と列をかけ算のやり方【Excel PowerQuery】
【簡単!】列のピボット解除のやり方【Excel PowerQuery】
フィルのやり方(上下方向へのデータをコピー)【Excel PowerQuery】
1行目をヘッダーにするやり方【Excel PowerQuery】

 クエリのマージ・結合をもっと詳しく知る!

【簡単!】クエリをマージするやり方を解説【Excel PowerQuery】
クエリのマージができないときのチェックポイント【3選】【Excel PowerQuery】
【簡単!】列のマージのやり方を解説【Excel PowerQuery】
【簡単!】クエリを追加するやり方を解説【Excel PowerQuery】
ファイルを結合するやり方【Excel PowerQuery】
【全6パターン:結合の種類】クエリのマージを詳しく解説!【Excel PowerQuery】

 クエリの出力のやり方を詳しく知る!

テーブルの作り方【Excel PowerQuery】
ピボットテーブルを作成するやり方【Excel PowerQuery】
ピボットテーブル 日付をグループ化するやり方【Excel PowerQuery】

オススメ! 【欧州サッカー観るならどれ?】DAZN,スカパー!,WOWOWの放送,価格を徹底比較!
オススメ! 【お得すぎて神】Amazonプライムのメリット【15選】をやさしく解説
PICK UP!! 【最強思考エンジン】が無料で使える【将棋GUI】のダウンロード方法と使い方

 

 

-Excel