REVIEW

【無線キーボード、マウスセット】ロジクールMK235をレビュー

2021年5月22日

ロジクールMK235の購入を考えている人

キーボードとマウスの使用感を知りたい。

使い勝手や特徴はどうなのかな...

利用者の評判や声を聞いてみたいです。

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

ロジクール:ワイヤレス・キーボードとマウスセット【MK235】の3ヶ月間使ってみた感想、使用感などをレビューしていきます。

購入して、使用しているものはこちらです↓
製品の正式名称は「ロジクール ワイヤレスコンボMK235」


まず最初に結論を書いておきますね。

この記事の結論は...

良かったところ・メリット

  • キーボードの打音は静かで、うるさくない。
  • キーボードの打感は柔らかい感じで、滑らかで良い。
  • ワイヤレス仕様特有の遅延はない。
  • マウスがすごく軽くて、操作性が良い。

いまいちなところ・デメリット

  • マウスのホイールが「カタカタ」してちょっとショボい感じがする。
  • 慣れないとキー配列に迷う。

こんなところです。

総合的には…

  • 価格も安くて、キーボードとマウスも十分に使えます。
  • 反応速度も遅延しないので、ストレスなし。

ロジクールMK235はコスパ良し!

と思える商品ですね。

では、詳細をレビューしてきます。最後まで、読んで頂けるとうれしいです。

届いたものを開封

届いた商品を開封しながら、紹介していきます。

外箱の正面です。

裏面には製品特徴が書かれています。

フタを開けると、レシーバーが入っています。

開封すると中には

  • キーボードとマウス
  • USBレシーバー
  • 電池:単三が1個、単四が2個
  • 取扱説明書、保証書

が付属してきます。

製品特徴

まずは、キーボードの製品特徴を簡単に紹介していきます。

MK235のキーボード

MK235キーボードの仕様は...

  • キーレイアウト:108日本語キーボードのテンキー付きフルサイズ
  • キー構造:メンブレン
  • キーピッチ:19.0mm
  • キーストローク:2.5mm
  • 耐水設計

ざっとこんな感じですが、気になる部分だけもう少し詳しく説明していきます。

キーレイアウト

ロジクールMK235:キーボードのレイアウトは108日本語配列です。

108日本語レイアウトとは?

左手の下に「Windowsボタン」があるものです。
右手側にも「Windowsボタン」があるものが109日本語配列です。

キーボードのサイズ感はごく普通の大きさです。テンキー付きのフルサイズです。

キー構造はメンブレン方式

キー構造は「メンブレン方式」。ごく一般的なキーボードの構造と同じですね。

メンブレン方式とは...?

ボタンの跳ね返りに「ラバー」を使っているタイプのものです。
テレビのリモコンなどと同じ構造。

出典:ELECOM

1000万回の耐久テストもクリアできるほどの丈夫さです。

キーストロークは2.5mmと浅め

キーストロークとは?

キーを押し込んだときの深さのこと。キーストロークが2.5mmというのは、2.5mm押し込むとボタンが反応するということです。

キーストロークは2~3mm程度は浅め、4mm以上は深めという印象ですが、自分の好みはノートパソコンみたいなストロークが浅いものが好きなので、MK235のキーボードはしっくりきます。

浅めのキーストロークが打ちやすい!

耐水設計:防水ではない!

出典:ロジクール

MK235のキーボードの特徴には「耐水設計」があります。

この耐水設計とは、「キーボードに水をこぼした場合に水が排水される構造になっている」というだけで、防水設計ではないので注意が必要ですね。

耐水設計の表記がまぎらわしい…。

水をこぼしたら、故障する可能性があります。

ロジクール MK235の詳しい製品特徴は公式サイトで確認できます。
>>MK235 WIRELESS KYEBOARD AND MOUSE COMBO

実際の使用感

実際に使用してみて、気付いたところはこちらです。

  • キーボードの打音は静かで、うるさくない。
  • キーボードの打感は柔らかい感じで、滑らかで良い。
  • ワイヤレス仕様特有の遅延はない。
  • マウスがすごく軽くて、操作性が良い。

こんな感じです。

安いキーボードとマウスセットなのにちゃんと使えるの?

と思っていましたが、今のところ快適に使えています。

キーボードの打音は静かで、うるさくない。

キーボードの打音は静かです。

ゲーミングキーボードなどの特有の「カチャカチャ」した打音はしません。

ZOOMなどのWEB会議など、参加中に使用しても気になりません。

キーボードの打感は柔らかい感じで、滑らかで良い。

使用してみて、最初に感じたのは「キータッチが柔らかい」でした。

変なキーボードだと、異様に固かったり、カクカクしたり、安物にはありがちです。

ロジクール:MK235のキーボードはキータッチがともの柔らかく、滑らかです。

キーボードは打ちやすい!

と感じました。これは個人の主観なので、参考程度で…

私自身、タイピングの練習を毎日していますが、長時間キーボードを打っていても、あまり疲れません。これも良いところですね。

あわせて読む

ワイヤレス仕様特有の遅延はない。

ひと昔前のワイヤレスキーボードやマウスなどはクリックやキーボードを打ったときに反応が遅いものがあったり、途切れたりするものがありました。

反応が遅くてイライラする!

なので、私自身、ワイヤレスキーボードはあまり良い印象がなかったのですが、今回のロジクールのMK235は遅延や途切れたりすることはないです。

有線ではないので、机の上がスッキリして快適です。

ワイヤレスキーボードってけっこう快適!

マウスがすごく軽くて、操作性が良い。

マウス自体の重量は70.5gです。(電池を含んで)

このマウスを持った感じは「軽い」でした。長時間パソコン作業をしていても、疲れませんね。

軽いと操作性が良いですね。

いまいちなところ:【2選】

使っていて、いまいちだなと思ったところを書いていきます。

  • マウスのホイールが「カタカタ」してちょっとショボい感じがする。
  • 慣れないとキー配列に迷う。

この2点です。

マウスのホイールがカタカタする

機能的には問題はないですが、マウスのホイールが左右に「揺れる」感じで、カタカタします。

ちょっと安っぽい感じがしますね。

慣れないとキー配列に迷う。

コンパクト設計の弱点なので、しょうがないですが、キー間隔が狭いので、押し間違える場合があります。

「back space」と「insert」キーのスペースが狭いため、慣れないと押し間違えてしまします。

慣れるまでが大変です。

まとめ

「ロジクール ワイヤレスコンボMK235」を紹介してきました。


繰り返しですが、良かったところ、いまいちなところをおさらいをしておきます。

良かったところ・メリット

  • キーボードの打音は静かで、うるさくない。
  • キーボードの打感は柔らかい感じで、滑らかで良い。
  • ワイヤレス仕様特有の遅延はない。
  • マウスがすごく軽くて、操作性が良い。

いまいちなところ・デメリット

  • マウスのホイールが「カタカタ」してちょっとショボい感じがする。
  • 慣れないとキー配列に迷う。

毎日使うキーボード、マウスとして、十分な製品です。

今回は以上です。最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

Amazonポイントを少しでも多くGETするには?

Amazonで少しでも多くAmazonポイントをGETするならAmazonギフト券チャージがおすすめ!
なぜならば...
Amazonギフト券を現金でチャージするだけで、最大2.5%還元されるから。

  • 一般会員でもお得ですが、Amazonプライム会員なら、さらにお得です!
  • 有効期限はAmazonギフト券が10年、Amazonポイントが1年です。
  • コンビニ、ATM、ネットバンキングでチャージできます。

公式サイトでCheck!

>>Amazonギフト券チャージを詳しく知る!はこちら

>>Amazonプライム会員の30日間無料体験はこちら

オススメ! 【欧州サッカー観るならどれ?】DAZN,スカパー!,WOWOWの放送,価格を徹底比較!
オススメ! 【お得すぎて神】Amazonプライムのメリット【15選】をやさしく解説
PICK UP!! 【最強思考エンジン】が無料で使える【将棋GUI】のダウンロード方法と使い方

 

 

-REVIEW