COOKING

【決着】鉄vsテフロン フライパンの選び方

2020年5月4日

おはようございます。

お料理あるあるですが…

フライパンを選ぶときに迷うこうとがあります。

・フライパンはどんなものを選ぶべきなのか?
・素材は鉄を選んで一生ものへ育てあげるべきなのか?
・それとも、手軽にお手入れできるテフロン素材がよいのか?

この記事でフライパン選びを決着させます。笑

フライパン選びで迷っている方にご参考になれば、
幸いです。

フライパン選びの結論

26㎝・鍋型・テフロン素材が使いやすい。
しかしながら、
使わなくなる前提ならば、鉄フライパンは持つ価値あり。

フライパン選びはたのしい。

繰り返しになりますが

フライパン選びの結論

26㎝・鍋型・テフロン素材が使いやすい。
しかしながら、
使わなくなる前提ならば、鉄フライパンは持つ価値あり。

なぜ?26㎝・鍋型・テフロン素材が使いやすいのか?

ひとつあれば、すべておいて万能だから。

・焼く
・煮る
・お手入れが簡単

焼くのは炒め物「野菜炒め」「焼きそば」「ステーキ」など

煮るのは「カレー」「魚の煮つけ」「野菜の煮物」など

どんな料理でも対応できてしまう、優れものです。

しかも、焦げ付きにくいので、洗いものが楽ですね。

ただ、テフロン素材は「焦げ付きはじめる」という「寿命」
があるので、買い替えが必要な場合もあります。

サイズは26㎝あれば、1~3人分なら余裕です。

やっぱり便利さには勝てない。

鉄フライパンのデメリット

・メンテナンスしていないと錆びる。

・油が染みていないと焦げ付く。

管理することに「手間」がかかります。

保管するときは、熱して、水分を飛ばしたて、
油で常時コーティングしておかないと錆びやすくなります。

調理するときは、油を多めにしないと
焦げ付きやすくなりますね。
健康的でない分、ハードルが高いですね。

一方、テフロン素材は洗って置いておくだけで
良いですから、使い勝手がよいですね。

維持・管理にめんどうなので使わなくなってしまうのが
鉄フライパンが敬遠されやすいこところです。

味の差は正直、微妙です。

よく耳にしますが、「鉄で焼いたお肉はおいしい」
正直なところ、自分にはわかりません。笑

味覚は不思議なもので、雰囲気やにおいにも左右されやすいので、
「鉄で焼いた」こと知ると、おいしさを感じるかもしれませんね。

さいごに

いろいろ書きましたが、まとめです。

フライパン選びの結論

26㎝・鍋型・テフロン素材が使いやすい。
しかしながら、
使わなくなる前提ならば、鉄フライパンは持つ価値あり。

26㎝・鍋型・テフロン素材ならばどんな料理にも対応できる。

維持・管理がめんどうなのは鉄フライパン

それでも…

一度は鉄フライパンに憧れます。
「一生ものの鉄フライパンを育ててみたい」

おすすめは24㎝・浅いタイプ
軽くて、まあまあ使いやすいです。

生活スタイルにあったものを見つけてみてください。
いろいろやってみるのが楽しいですよね。

最後まで、読んで頂いて、ありがとうございました。

オススメ! 【欧州サッカー観るならどれ?】DAZN,スカパー!,WOWOWの放送,価格を徹底比較! オススメ! 【お得すぎて神】Amazonプライムのメリット【15選】をやさしく解説 PICK UP!! 【最強思考エンジン】が無料で使える【将棋GUI】のダウンロード方法と使い方    

-COOKING